個人契約と料金

このページでは家庭教師を雇う形式とそれにかかる料金についてご紹介します。知り合いや親族のツテを使って家庭教師を依頼する形式は個人契約と言い、この形式だと派遣業者などの中間業者を挟まずに住むのでその分雇うための費用を抑えることが可能となります。抑えた分の費用を家庭教師の時給に当てることも出来るので、雇う側・家庭教師のどちらにとってもメリットのある形式と言えるでしょう。もし、友人や知人に、学習指導経験と実績がある家庭教師がいるのであれば頼んでましょう。他には商工会や自治体の施設、スーパーや街角掲示板などに貼られている個人契約希望の家庭教師を利用する方法があります。実際に会ってみないと教師としての質や実績など詳しいことは判断できませんが、子ども為にきちんと断ることができる勇気を持っている親御さんであれば利用しても問題ないでしょう。

個人契約にかかる料金の相場

個人契約で家庭教師を雇う場合、料金の相場は一般大学生であれば時給1500〜2000円で、東大や早稲田といったエリート大学生であれば時給は2000〜3000円程度となっています。企業を相手とした取引ではないのですから、お互いにトラブルなく契約をするためにも、無闇に値切るようなことはせず、妥当な提示額の講師を選ぶようにしておきましょう。また、家庭教師派遣業者から派遣されてきた教師と子どもとの相性が非常によく、実際に子どもの成績が上がってきたら直接その教師個人と契約をするというケースもよく耳にします。しかし注意してほしいのは、法的には問題ないとはいえ派遣業者に登録している家庭教師が個人的契約で料金をもらうことは規約違反となるということです。 もう一つ気をつけておくべきことは、個人契約を大体的に謳っ家庭教師紹介業者についてです。 紹介料を支払うのは当然の義務だとしても、実際の料金とは別に高額な教材セットを売りつけてくる業者もいるそうです。 しかも売りつけてくる教材内容が実際には大したものではないことが多いので、本契約をする前にこの業者が専用の教材の売り込みをしてこないかどうか、または別途料金が発生しないかについてきちんと確認するようにしましょう。家庭教師を個人契約で雇う際のデメリットには、途中解約時や家庭教師の変更が難しいといった点があります。家庭教師を依頼してみたはいいものの、実際に授業をしてもらうと子どもとの相性が悪かったり、授業をした割には成績が一向に上がらなかったり、授業そっちのけで雑談してばかりでまじめに授業していないという場合に契約の取り消しを申し出るのは家庭教師本人に直接言うしかありません。人情的に面と向かって契約を破棄することを言うのは非常に言い出し辛いので、このような辛い状況を避けるためにも最初の見極めを大事にしておきましょう。家庭教師を選ぶ際に失敗しないために野党側が試用期間を設けるという方法があります。 例えば、1ヶ月間の試用期間というのを予め決めておいて、その期間内で判断を下してから契約の続行か終了かを決めるのが良いでしょう。 また、試用期間が終わって契約の継続を希望する場合は直接連絡をする、という旨を伝えておけば断りの電話を直接する必要もなくなります。 家庭教師の個別契約は業者を介さない分料金が安い上に、良い教師であれば、生徒と教師どちらにとっても大きなメリットがあります。