家庭教師を見極める

このページでは家庭教師を選ぶ上で、「学力」や「ノウハウ」といった見極めるべき部分についてご紹介します。 良い家庭教師と一口に言ってみても、実際にはどのような家庭教師が良いのかは雇う側である親やお子さんの状況によって違いがあります。 例を挙げると、難関な私立中学校の合格を目指している生徒と期末テスト対策を希望している公立中学の生徒では自ずと必要とする家庭教師の質は異なることになります。小学校受験の際は特に違ってくるでしょう。そのため、家庭教師を選ぶときは単純に高学歴の教師を求めるということは極力避け、受け持つ生徒の成績や性格などにマッチした教師を選ぶべきだと言えるのです。中学受験を控えている生徒であれば、理想的な家庭教師はその志望する中学出身の教師で、ランクが高い公立の高校を受験する生徒の場合はある一定の学力を持っていることが前提条件なので、なるべくならば中堅以上の大学を出ている教師が良いと言えます。 大学受験を控えている生徒の場合は、志望する大学を卒業しているか志望大学よりもランクの高い大学出身の教師を選ぶと良いでしょう。 教師の学力だけでなく、指導することができる科目や曜日などについてもチェックする必要があります。これらのチェックだけでなく、面接前の段階で出来るだけ教師の人間性について推し量った上で依頼するべきです。一度も面識がない人の人間性を量ることは到底無理なので、その場合は個人契約サイトの自己PR文を参考にしたり、メールや電話での応対がどうかについてでもある程度の人間性を推量することができます。

見極め その2

家庭教師を雇う場合、派遣会社を見極めるのは当然のこととして、家庭教師の見極めについてもまた重要なポイントとなります。 良心的な値段やプランを用意している家庭教師派遣会社を選んだ場合でも、実際に派遣される家庭教師の質が悪くては意味がありません。 よって、家庭教師についても家庭教師派遣会社選びと同様に十分に考慮・吟味した上で慎重な判断を下すべきです。 家庭教師を見極めるための材料としては「面接での応対態度」や「体験授業での指導方法・様子」があります。 家庭教師派遣会社では通常、面接や体験授業を行う際に家庭教師が直接依頼主の自宅を訪問することになります。 その際、受け持つ生徒の現在の学力や通っている学校の学習と進み具合や志望する学校、家庭教師に求めるもの(成績の向上や受験合格など)についてを話し、具体的な指導方法などについて尋ねてみましょう。尋ねた内容に対してテキパキと具体的な返答ができるようであれば、その家庭教師は実際の指導経験に基づいた指導ノウハウを持っていると判断しても問題ないでしょう。