家庭教師を選ぶ理由

子どもに学習をさせるためだけであれば、何もお金を払って家庭教師を雇わずとも勉強をさせる方法はあります。 それこそ学習塾に通わせたり、学習教材を買って解かせると、家庭教師にこだわる必要はないでしょう。成績アップ?受験対策?それでも家庭教師を選ぶという方は、一体何の目的でどのような希望からなのか、という点について明確にしておくべきでしょう。このページでは家庭教師を選ぶ理由として、その「目的」と「需要」などについてご紹介します。

 

雇う理由と目的を明確にしておく

マンツーマンで学習指導をする個別指導塾が増えつつある今、家庭教師と学習塾の差は以前と比べてはるかに縮まりました。家庭教師が以前から行ってきた学習指導方法の効果やメリットが改めて評価された結果が、今の個別指導型の塾の増加傾向を裏付けていると言えるでしょう。 そんな学習塾があるにもかかわらず、我が子の受験のために家庭教師という選択肢を選ぶ場合、まずはその家庭教師という選択が 現在の状況にとってベストとなるのか見極めておく必要があるでしょう。集団の生徒に対しての指導に限らず、個別指導に力を入れるようになっている昨今、家庭教師と塾の比較検討についても考慮しておくだと考えます。家庭教師を選ぶ理由として次に必要なのは、どのような目的を持ち、何を目標として家庭教師に依頼するのかという点についても明確にすることです。どの学校を受験するかなどの目標にするかについても、子どもの成績や性格を冷静に判断した上で、実現可能なラインから設定するのは当然ですが、ただ闇雲に「家庭教師に教われば成績が上がる」といった考えだけで依頼されても、期待通りの成果は表れないでしょう。お子さんが通っている学校の学習の進み具合やお子さんの性格、雇う家庭の事情でも「家庭教師に期待する成果」は違いますし、ベストマッチな家庭教師タイプにも違いが見られます。

家庭教師の需要とタイプ

家庭教師を大きく分けると「プロ教師」と「学生教師」という2種類になります。特に受験に関して「志望校への合格に効果がある学習」を 求めている場合、どちらの教師がいいかと言えばやはり「プロ教師」ということになります。実際のところ、受験を控える3年次の秋頃から指導を受けるだけで志望校に届くだけの学力を身につけるケースは多々あります。他にも、受験を目的にしていない場合でも生徒にとって「良い先輩(お兄さん・お姉さん)」になってくれる教師を求めている家庭も実際は多いというのが現状です。教師を探す方法についてですが、以前であればな銀行や郵便局、商工会などの張り紙や掲示板以外にも家庭教師センターによる紹介や、インターネットや実際に子どもを見て貰った方の口コミなどの情報を元にして自力で見つける、といった方法があります。